2017年4月23日日曜日

甲府から自宅へ自転車ツーリング

4月16日(日)

前日の山梨某所での農作業後、甲府に泊まりました。妻子は埼玉の奥さんの実家に行っているので自由なのです。
甲府から世田谷の自宅まで自転車ツーリングです。

甲府から東京まで自転車で行くには主に二ルートあります。一つは2015年9月に通った甲州街道(国道20号)を行くルートです。国道の笹子トンネルなら標高約750m、旧道の笹子峠なら標高1100mを越える必要があります。甲州街道は一昨年通って面白くないことを確認済みなので、今回は国道411号で標高1472mの柳沢峠を越え、多摩川沿いに自宅まで帰るルートを行くことにします。段々変態になってきたようです、ワタシ。


甲府のビジネスホテルを8時に出発。例によって微妙に二日酔い。前日は超寝不足な所に昼過ぎから9時頃まで飲んでましたので。
ホテルのすぐ目の前の舞鶴城へ。桜は散りかけ。
 
甲府の標高は約250m、ここから20㎞程の塩山は標高約400mです。地味にずっと上り。
 
塩山の少し手前の桃畑にて。 桜がほぼ終わったこの週末、山梨はどこに行っても桃が満開でした。
 
中央本線の線路を潜ったところから強烈な上り坂が始まります。ここから約18kmで1470mまで一気に上ります。ワタシのこれまでの最高標高は846mですから、これをぶっちぎる標高に挑戦します。上りきれるか一抹の不安。
 
しんどさが伝わらないのが、無念ですが、こんな斜度の坂を呪詛を呟きながら永遠と上り続ける。
自転車乗りは上り坂が好き、とか言う方が結構いますが、ワタシはちっとも好きじゃないんですよ!?
 
11時過ぎ、残り6㎞の所でエネルギーが切れ、おにぎり二個、カロリーメイト一箱を食べる。朝食は炭水化物を中心にいつもの二倍は食べたと言うのに、あっと言う間です。

ギアを最も軽いのかその一段上にしてクルクル脚を回し続ける。筋力はとっくに使い果たしていますので脚を回転させることしかできない。休憩すると漕ぎ出しがかえってしんどいので極力休憩せずにひたすら脚を回し続ける。

12時過ぎ、ほぼ当初の期待通りの時間に柳沢峠に到着。道路脇には所々雪が残っています。

富士山の眺めは残念ながら今一つ。

さあ、お待ちかねの下りです。

小一時間程で丹波山村の道の駅へ。鹿肉ソーセージカレーにソフトクリームを食べる。

順調に下って14時半、小河内ダムへ。桜が満開です。
基本的に下りとは言え、ここから世田谷の自宅までは70㎞ほどあります。果たして明るい内に帰宅なるか!?

16時頃、羽村のサイクリングロード開始地点へ。チューリップ祭りが開催されていました。お祭りの露店で生クリームとバナナが入ったクレープなぞ食べてしまう。ここから世田谷までは約36㎞です。
ぎりぎり日没頃到着できそう。


 18時過ぎ、和泉多摩川に到着。日没です。自宅までは約3kmです。

18時半、真っ暗になる前になんとか到着。一日で140㎞走りました。

疲労困憊な挙句、奥多摩でどうやら杉・檜の花粉を浴び過ぎたらしいワタシ、抗アレルギー薬の効き目を超過してしまい、目は真っ赤、鼻はぐじゅぐじゅになってしまいました。

しんどかったけど、素晴らしい天気の下一日自転車が漕げて幸せでした。

Samedi 16 Avril,
J'ai roulé 140km, de Koufu à Setagaya. C'était très dur, mais amusant.

Coin coin,


2017年4月9日日曜日

自転車のペダルのオーバーホール La remise en état du pédale

4月7日(金)

2月に交換したばかりの自転車のペダルに違和感が発生しました。砂粒でも噛んだのかコリコリ感があります。
ものの二月で・・・

ペダルは三ヶ島のBM-7、バラしてオーバーホールすることができるペダルです。

例によって分解には特殊工具が必要。400円ぐらい。

全部バラした所。クランク側のグリスが少し汚れている程度。

グリスをふき取ってみると、

玉受けは両側とも綺麗。 玉押しも問題無し。

11個ずと入っていたボールも綺麗。

幸い錆も虫食いもないので、はやり砂粒でも入ったのでしょう。

ハブ用のグリスをたっぷりくれてやって組み立てる。ハブと一緒で玉押しでスムーズに周って且つ緩みがないところを探してロックナットで締める方法ですが、構造上玉押しとロックナットを同時に調整できないので中々苦労する。

なんとか組み立てて試乗すると違和感は上手いこと解消されました。良いですね、メンテすればずっと使える製品は。

渓太の自転車に譲った(押し付けた)ペダル、安くて軽くて良いと思いましたが、ものの半年でグリス抜けしてしまいまいた。残念ながらメンテができないのです。



Vendredi 7 Avril,
J'ai remise en état de pedale.
C'est un pedale fabriqué au Japon, BM-7 par MKS.
C'est un bon produit que je peux utiliser longtomps par maintenance.
 


酔魚家の春 Le printemps de ma famille

4月7日(金)

渓太が地元の中学校に入学しました。

陽気に誘われるように庭のブドウの木が発芽
期待通り短梢から先に発芽しました。

今までギヨダブル仕立てで来ましたが、今年からワタシが通う畑に倣ってギヨサンプルへ。去年はベト病、ツマグロオオヨコバイ(通称バナナ虫)↓にだいぶやられてまともに収穫できませんでした。不本意ながら今年は少し農薬を使おうと思います。


4月8日(土)
夕方、野川に桜を見に行きました。
満開。どんより曇って桜の色が映えないので、初めて少し写真を加工してみました。

以下は加工なし。正直、ワタシには写真加工の作業はめんディ(渓太語、めんどうくさいの意味)。



Vendredi 7 Avril,
Notre petit fils Keïta est entré à collége.

Les vignes chez nous commençont le bourgeonnement grace à la chaleur ces derniers jours.
J'utilisera un peu d'insecticide agricole pour eviter le mildiou et un insecte qui ont dommagé les vignes cet année.

Samedi 8 Avril,
Je me suis promené à la Nogawa rivière près chez moi pour regarder les cerisiers. Ile sont en fleure.

Coin coin,

子供達を連れて多摩川へ J'ai emmené mes enfants à la Tama rivière

4月2日(日)

前日のワタシの釣果を見た子供達が、ちょっと行ってみても良いかな~、と言うので早朝多摩川へ。
4時半に起きて行こうとワタシが言ったのに、妻子が5時で良いんじゃな~い!? そんなに早く起きられな~い、と言うので5時ワタシ起床、ぐずぐずの子供を叩き起こして多摩川へ着いたのはもう6時前。
ああ、案の定早起きな爺さん(例によってフライフィッシャー)に好ポジションはがっちり押さえられていました。だ~か~ら早く来ないとダメって言ったのに。


瀬付きの少し下流から子供達にキャスティングさせる。
が、すぐにやる気がなくなる子供達。陸は入れ食いじゃないと釣りはダメだし、渓太はまともにルアーを飛ばせません。おまけにちょっと上流でフライフィッシャーが一投一尾なのを見て心穏やかじゃないのです。

そして、地面を釣った渓太がルアーを回収しに少し上流へ上ったところで、上流のフライフィッシャーが魚に引っ張られて降りてきました。この爺さん、邪魔した訳でも無い渓太にあっちへ行けとの仕草をしました。怒。だからフライフィッシャーは嫌いです。

場所を変えることにしました。
前日ワタシが釣った所は最早人だらけ、仕様が無いので偵察がてらワタシが今年はここに違いないと思ったポイントへ。

瀬付きも無いし、簡単には釣れないだろうなぁ。

父ちゃん、釣れないよ。

父ちゃん、釣れないよ。

で7時すぎには撤収。

なかなか子供達に釣らせてやることができないです。まあ、ワタシも何回も通って魚が居る場所を見つけて、やっと釣っているんですからね!?

Dimanche 2 Avril,

J'ai emmené mes enfants à la Tama rivière pour pêcher vandoise le matin très tôt.
Mais, ile n'ont pas pu pêcher de poisson.

Coin coin,

 

2017年4月2日日曜日

寒さに震えてマルタウグイ釣り La pêcher des vandoises à la Tama rivière

2017年4月1日(土)

真冬のような気温のこの日、昼過ぎに氷雨が殆ど止んだので多摩川へ。

先週瀬付きがあった交通機動隊の練習所の前のスポットへ。
まだポツポツと雨が降るなか、ワタシが一番乗り。ぐふふ、独り占め・・・先週はあれだけバシャバシャやっていた瀬付きが無くなっています。マルタウグイちゃんは・・・あ、一応居る。

打つべし打つべし打つべし・・・30分後。
流れが緩やかになった少し深めの所でヒット、非常に重い引き。ニゴイに違いない。じりじりの下流に下がりながら、凄い引きをなんとかいなす。
この日の一尾目は、50cmぐらいのニゴイ。

すぐに二尾目がヒット。
尾びれのスレ掛りのニゴイ。幸先良いぞ(!?)

間もなく、マルタウグイの群れている所を上手くルアーで引けるようになって、待望のマルタウグイがヒットしました。
なんちゅー引きだ。またニゴイか? と思いましたが、
丸々と太ったマルタウグイでした。あれ、婚姻色が薄い。どう言うことだ?

その後、コツを掴んでポツポツとマルタウグイがヒットするようになりました。
何尾目でしょうか?

立派な、デブマルタウグイ。凄い引きでしたが、ルアーは眼窩に掛っていました。
背側にスレ掛りさせたことは沢山ありましたが、眼窩は初めて。この立派なマルタウグイに大ダメージを与えてしまいました。萎える。ルアーは良くないなぁ。


 どれも婚姻色が薄め。




その後もポツポツとマルタウグイとニゴイを上げている所に、二人連れのフライフィッシャーがやってきました。

ワタシも見よう見まねでトライしているくせに、嫌いなフライフィッシャー。なぜ嫌いかと言うと、

この場所では1の辺りにマルタウグイが群れています。マルタウグイは上を向いて群れて泳いでいるのでフライなら魚より上流に立ちフライを流す(2)、ルアーなら下流からルアーを投げて引いてくる(3)必要があります。

何が起こるかというと、必ずフライとルアーのラインが交錯するのです。また、フライの人は自ずと魚の群れのすぐ上に立つので、魚に大変なプレッシャーを与えます。たいていはマルタウグイの活性が低くなります。

そして、フライの人達の多くは、ルアーをやっている人が先着していても、構わずそのルアーのラインにずかずか入ってくるのです。大変不愉快です。川はワタシの物ではないので占有する積りはないですが、一方で釣りは先着の原則があるのでは!?

立派なマルタウグイを傷つけてしまって、ことマルタウグイについてはルアーは止めてフライに専念しようかと思っていた矢先、フライフィッシャーに辟易として、少し萎え気味な酔魚です。

翌朝、子供達を連れて再度釣りに行った時のフライフィッシャーの態度で尚更萎えたのですけど、それは次の記事で。

Samedi 1èr Avril,
Je suis allé à la Tama rivière pour pêcher des vandoises, qui vienne de la mér pour reproduction comme saumon.

Coin coin,


2017年3月26日日曜日

渓太が小学校を卒業したこと Keïta a fini son êcole primaire

2017年3月25日(金)

渓太が小学校を卒業しました。


学年でも一二を争う小ささ。


1年生の頃。サンマロで激しい上げ潮に怯えて泣く。この頃と比べて、ちっとは大きくなったのか?

後2年ぐらいは子供料金で電車に乗れそうですね。

Vendredi 24 Mars 2017

Keïta, mon fils petit, a fini son êcole primaire. Il est tout petit, ce qu'il est le plus petit à son êcole.

Une  autre photo qu'il y a 6 ans, son premiére année à êcole primaire. Je me demande qu'il a bien agrandit !?

Coin coin,

2017年3月20日月曜日

マルタウグイ釣り、の下見 La pêche de vandoise à la Tama rivière, 1er défi

3月20日(月)

今年もやって来ました、多摩川のマルタウグイの季節です。

1月のA型インフルエンザに加えて、B型インフルエンザにかかって家でグダグダすることを強要される渓太を連れて多摩川に出撃。最近のインフルの薬は凄いですね、発症から4日目で外に遊びに行ける体調になります。

出かけるのを微妙にぐずる渓太。

ランニングしながら今年の産卵はここに違いない!と目を付けた所にやってきました。産卵活動は全く見られませんが、一応ルアーを引いてみます。

ワタシはフライを振る?と言うか流してみる。いかにもマルタが付きそうな瀬なんですけど、全く魚影はなし。

ポカポカで上着が要らないぐらいの陽気ですね。出がけに水分を取ってこなかった渓太は喉が渇いた~とぐずって、先に帰ってしまいました。鯊なら釣れなくても半日は頑張れるのに、マルタウグイは釣れないと全然持ちませんね。

ここも産卵候補地らしく、釣り人が数人居ますが、やっぱり当りがない模様。

対岸の釣り人が諦めて座り込んだのを機にワタシも納竿。

上流の河川工事のせいで、水際には砂泥が積もって白くなっています。この国は何時になったら川に札束を埋めるのを止められるのでしょうかね・・・財政破綻するまでかな。

Lundi 19 Mars,

On est férié aujourd'hui. Je suis allé à la Tama riviére pour pêcher des vondoise qui fait sa reproduction à la riviére comme saumon.

On n'a pas pu pêché aucune poisson aujourdui.

Coin coin,